読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、息子よ。

田舎から東京で働く中三男と三男坊へ送る手紙。

「青年幹部候補生学生バイトメンバー」

インターシップ制度華や かりし今日、僅かの見習い現場研修でどれだけ互いに理解しあえる事でしょう。君のようなケースは非常に稀だとおもいますが、社内に似たような境遇の仲間がいたら、(奨学金学部アルバイト学科同好会)を立ち上げ大いに後輩を輩出して欲しいものです。国内の子供貧困率は六人に一人と言われています。今頃になり、一部社会人が<奨学金返済困難>となり、社会的問題となり議論が始まっています。金利が嵩むのが一番のネックと考えます。只単に、君の支店で現地募集をした時、この仕事が合うし会社の将来性に賭けるだけの<閃き>を感じた者を、現場実践教育を厳しく新人研修生並みに扱う予定はありませんか(笑)それとも君は、全て平等に教育し(来る者拒まず、去る者追わず)のタイプかな(笑)内定戴き、三回は手厚い研修を受けたように記憶してるが、社員を大切にする会社の見本だね。行くだけ行きなよ!絶対的積極性で前へ前へだぜ!然し(らしさを忘れない)

ようにね(笑)フライデーイブ稼ぎなよ!