読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、息子よ。

田舎から東京で働く中三男と三男坊へ送る手紙。

「奨学金給付型」

時代だね!君が今中学生なら該当者だけどね(笑)返すのを前提に有り難い仕組みと思い、制度を利用した者が、低所得を理由に(返せない)と大合唱(笑)だからと言って給付金額で一月生活は困難である。特に、田舎から都会のアパート暮らしは、想像越える大変さであります。余り、バイトすると学校に行けず、学力低下したのでは<本末転倒>である(笑)然し、四年間でストレートに卒業式を迎えた君は、生涯自力で生きて行ける事を証明した!今、正社員として働ける幸せを噛みしめて下さい。天も会社も(現在の君の力以上のものは望みません)素晴らしき会社に感謝しながら、"今日1日を全力投球"笑顔を合い言葉に燃えよう!!!